代表メッセージ

takuyamurakami_photo_17

Eggs ’n Thingsの誕生

1974年、Eggs ’n Thingsはハワイのホノルルで誕生しました。
当時は夜更けから翌日の昼過ぎまでの珍しい営業時間で、夜更しの人達や
朝の早い漁師達に、栄養たっぷりな食事を気前よく提供していました。
“All Day Breakfast”というEggs ’n Thingsのコンセプトの由来です。

地元の人が集う店、生活の一部として愛され、
そのパンケーキやオムレツなどの魅力がオアフ島全体に広まりました。
それから40年以上たった今でも行列は絶えず、朝も、昼も、夜でも
美味しくてボリューム感のある食事が楽しめるカジュアルな
ハワイアンダイナーとして多くのお客様に愛され続けています。

日本では2010年3月に原宿で1号店をオープンして以来8年間、
パンケーキをはじめとして、ハワイと同じ“All Day Breakfast”のコンセプトの下、
ハワイアンスタイルの朝食をお届けしてまいりました。

幸せなことに、多くのお客様にご来店いただき、
特にパンケーキは日本でのブームの火付け役として
認知いただけるほどのご好評をいただいております。

Eggs ’n Thingsのミッション

私たちは仲間を、愛情をもって”オハナ”と呼びます。
これはハワイ語で“家族”を意味し、一つの家族でありたいという思いを込めています。
オハナ同士はファーストネームやニックネームで呼びあい仲の良い家族のようです。

そんなオハナたちが一丸で取り組むミッションは、Eggs ’n Things が40年以上も培ってきた
朝食文化を、最高のサービスで、もっと多くのお客様にお届けすることです。
朝食文化の普及に関わる喜びをオハナと日々ふくらませたいと考えます。

Eggs ’n Thingsの将来

店舗を全国により広げることで、より多くのお客様を笑顔に、心豊かにします。
そのためには、より多くのオハナ(仲間)の協力が欠かせません。

飲食業界やサービス業界はお客様にご満足いただけるよう
どの会社も毎日たゆまぬ努力を重ね成長しています。

その中で我々はリーディングブランドとして、何を大切にして成長しているか。
いかにお客様のご愛顧を獲得し続けているか。

それはホール、キッチン、オフィスのオハナたちが笑顔になれる文化です。
笑顔が「素晴らしいホスピタリティ」、「お店の活気・空気感」を生み、
ひいては「提供するお食事の品質」にまで影響を与えます。

また、笑顔にはベテランも新人もありません。
初日からその店一番の笑顔になれます。

この笑顔をさらに輝かせるため働きやすい環境作り(福利厚生の充実、休暇の充実など)、
スキルアップ制度(業務習得レベル確認など)を設け、労働時間の上限を決めています。

ここまでお読みいただき、少しでも興味をお持ちになった方!
当社がどのような人の集まりなのか見てください、ぜひ一度お会いしてお話をしましょう。
心からお待ちしております。

代表取締役 社長
村上卓也